補聴器と集音器の違いは?オススメはどっち?比較をしてみた!

こんにちは、ぴぃすけだよ。

聴力検査を
受けた患者さんから
こんな質問をされたんだ。

「補聴器と集音機って
どこがどうちがうの?」

その患者さんは、

補聴器か集音機を使って
耳を聴こえやすくしたい
みたいなんだけど、

2つの違いがわからなくて、
どっちがいいか迷ってたみたい。

補聴器と集音機って、
どっちも耳の聴こえを
良くするためのものだね。

どっちがどっちだかなんて
はじめはよくわからないんだよね。

だから今日は、
そんな補聴器と集音機の違いについて
話していくね。

補聴器や集音器のどっちを買おうか
迷っている人は、
今日のお話しをぜひ参考にしてみてね。


スポンサードリンク

補聴器って何?

まずは、
補聴器の説明からしていくね。

補聴器って
イメージでいうと、
小っちゃなコンピューターって
感じかな。

なんでコンピューターなのかというと、

その性能が、
とにかくすごいから!

例えば

使っている人が一番聞き取りやすいように
音の大きさや高さを自動で調整してくれるんだ。

しかも、
周りの雑音なんかもできる限り抑えたりもできる。

それだけじゃなくて
特定の方向からの音を
優先して拾ってくれたりもしてくれるんだよ。

こんなふうに、
補聴器にはそれを使う人が、

どうすれば音をちゃんと聴けるのかを
すぐに判断して、

自動でそれに
対応してくれる機能がついてるんだ。

しかもね、
最近の補聴器って
とーっても小さいんだ。

耳の中に入れたら
外からじゃ全然わからないくらい!

補聴器は小さいのに
コンピューター並みに高性能!

うーん、す、すごいね・・。

補聴器は「ちっちゃな耳専用のコンピューター!」

集音器って何?

集音機っていうのは、
周りの音を大きくしてくれる機械
って思ってもらえればOKだよ。

それ以外の機能は・・、
特にはないかも。

もしもあるとしたら、

音を大きくする以外にも
小さくすることが
できるってことくらいかな。

あ、でも!

集音機って、補聴器に比べたら、
だんぜんその値段が安いんだ!

だいたい1万円くらい!

電気屋さんとかネットとかでも
簡単に手に入れることができるんだよ。

補聴器の場合だと、
買うにはだいたい10万円くらい
必要になるし、
行くお店も補聴器専用のお店に
なってくるんだ。

そう考えると集音器って、
機能の面では、
少し物足りないようにみえるけど、

お手軽感でいえば、
補聴器よりもずっといい感じがするね。

集音機は「聴こえる音を大っきくしてくれるし簡単に手に入る!」

医療機器である補聴器、そうでない集音機


ここまで話してきて補聴器と集音器の違いは分かったね。

だけどこの2つの一番の大きなちがいは
医療機器であるかどうかっていうところだよ。

「医療機器」っていうのは、
厚生労働省が定めた基準をクリアした製品のことだよ。

「これは安全で効果もありますよ〜」
っていう保証がついたものになるんだ。

補聴器っていうのは、
この「医療機器」にあたる製品だから、
集音器よりも安全で効果があることが
認められているよ。
(だから、たくさんの機能がついてて高性能!)

でもね、
ここが難しいところに
なっちゃうんだけど、

医療機器は安全と効果が保証されてないと
いけないものだから、

補聴器だと、
その売り方とか値段も、
お手軽からはすこし離れちゃうものに
なっちゃうんだよね。

たとえば、さっき上でも見たような、

値段が高いとか、
専用のお店でしか買えないとか
っていうふうにね。

で、これに対して
集音器はもともと補聴器みたく
「医療機器」として、
作られてるものじゃないんだ。

だから厚生労働省がどうとかは
もう関係なくなっちゃうんだよ。

だから、
お店側は集音器をどう売っても構わないし、
欲しい人も家電店とかネットで
すぐに買うことができるんだ。

機能が「音を大きくする」だけなのも、
集音器が医療を目的に
作られたものじゃないからこそできることなんだ。

値段が補聴器よりもずっと安いのも、
こういった理由からだよ。

今こうやって、補聴器と集音器を
「医療器」って言葉でみてみたけど、

耳につけて使うものが
医療機器かそうじゃないかってだけで、

その作り具合とか値段とか販売のされ方とがが
ぜんぜん変わってくるんだね。

これ、
ちょっと意外だったかな?


スポンサードリンク

メリット・デメリット

それじゃあちょっとこのあたりで、

医療機器として作られた補聴器と、
そうではない集音器の
メリット・デメリットを簡単に
まとめてみるね。

すると・・、こんな感じかな!

補聴器
メリット :性能が高く、使用者の要望に広く応えられる機能を持つ。
デメリット:金額が高く、とても安易に購入できない。

集音器
メリット :金額が安く、手に入れ安い。
デメリット:機能が「音の拡大」のみ。

補聴器と集音器のメリット・デメリットは、
それぞれが

お金を優先すると性能が下がっちゃう、
性能を優先するとお金が高くなっちゃう、

っていう感じかな。

お互いが対の関係になってメリット・デメリットが
生まれてるってわかるね。

結局どっちがいいの?


結局のところ、
どっちの方がいいんだろうね?

もちろん、
耳の健康のことを考えれば、
安全で効果の保証のある補聴器の方が
確かに良いのはわかるね。

でも10万円なんて大金、
ふつうはすぐに出せないよね。

それに、
集音器の「音を大きくする」機能だけでも、
使う人によっては十分効果のあるものなんだ。

だから特別無理して補聴器を選ぶ必要も、
実はなかったりするんだよね。

「お金が高くても、
安全で効果の保証がついてるから
補聴器の方が良い」

と考えるのか、

「お金は安いし、
自分には音が大きくなる機能だけでも
十分だから集音器でもだいじょうぶ」

と考えるのか・・・。

難しいところだよね。

あ、でも、
ちょっと考えてみたんだけど、

もしも僕がどっちかを選ばなきゃ
いけない立場にいたとしたら、

どちらかを選ぶ前に
自分の耳の健康ってどのくらいか検査するかな。

補聴器も集音機も
自分の耳を聴こえやすくするために
つけるものだよね。

だから自分がどのくらいの補助が
必要なのかがわかれば、
自分に必要な機能を持ってる方を
必然的に選べるしね!

集音器みたく、音を大きくするだけじゃ
耳がうまく聴こえないとわかれば、
補聴器の方をきっと選ぶ。

逆に音を大きくするだけで
十分耳の聴こえがよくなるとわかれば
集音機をきっと選ぶ。

やっぱり、

どっちかを選ぶ基準は
自分の耳の健康状態次第になってくるね。

これはあくまでも
僕の考え方だけどね。

もし、みんなが補聴器と集音機の
どちらかで迷うようなことがあるなら、

補聴器・集音器それぞれの特徴だけじゃなく、
僕が今言ったようなことも、
ぜひ、参考にしてみて^^

まとめ

今日は、
補聴器と集音機のちがいを
それぞれ話したよ。

医療目的に作られた補聴器は、
性能は高いけど、金額も高い。
(それに、買う場所も限定されている)

医療目的には作られていない集音機は、
性能は「音を大きくする」だけだけど、
安くて簡単に手に入れられる。

どちちにもメリット・デメリットの部分があったね。

もし、みんなが
補聴器と集音器のどちらを買おうか
迷うようなことがあったら
今日話してきたことをもう一度
思い出してみてね。

きっと、みんなの役に立つと思うよ^^


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介

はじめまして、管理人のりんしょうです!
臨床検査技師として働いている僕たちが、
わかりやすくをモットーにサイト作っています。

少しでも手助けになれば嬉しいです^^

しょう(31歳)ちょっとメタボ。

りん(30歳)しっかり者の奥さん。

もう少し詳しい自己紹介はこちら
◆『りん』と『しょう』の紹介

ピックアップ記事

  1. 血液検査の基準値のまとめ!健康診断の結果と見比べてみてね!

    こんにちは( ^˂̵˃̶^) [speech_bubble type="std" subtyp…
  2. 貧血の検査結果の見方や方法について!食事やサプリで改善できる?

    貧血って何か知ってる? ふらふらーってなるあれね。 つらいよね。 僕も貧血気味で運…
  3. 【まとめ】病院の検査一覧

    病院の検査ってたくさんあるんだけど、 どのくらいの検査の種類があるんだろう。 そんな疑問を持…

登場人(鳥)物紹介

ぴぃすけ

病院で臨床検査技師として働いている。
おしゃべりが好きで検査中に
よく患者さんとお話をしている。

お姉さん(年齢内緒)

ぴぃすけとなぜか仲良くなった
悩みを聞いたり聞かせてくれる、
年齢が内緒のお姉さん。
若いのかそれとも・・・。

ページ上部へ戻る