生活習慣病についてどんな病気なの?原因や予防方法も知りたい!

こんにちは( ^˂̵˃̶^)

ぴぃすけ
臨床検査技師の
ぴぃすけだよ!

なんとか病ってたくさんあると思うんだけど、その中でも一番耳にするのって何病?

おそらく『生活習慣病』じゃないかな。

でも生活習慣病って言葉は知っているけど、それがいったいどんな病気なのかみんな知ってる?

多分知らない人も多いんじゃないかな。

実は生活習慣病って1つの病気の名前じゃなくて、幾つかの病気を合わせてこう呼ぶんだ。

今日はそんな気になる生活習慣病について話をするよ。

どんな病気なのか、原因や予防についても話していくからしっかり覚えてね!


スポンサードリンク

生活習慣病ってどんな病気

生活習慣病っていうのは病気の名前ではなくて、生活習慣によって発症したり進行したりする病気の総称なんだ。

昔は成人病とも言われていたね。

生活習慣っていうのは喫煙とか食事の内容、運動など毎日の生活全てのことを言うよ。

美味しいものがたくさんあるからと言って、僕も食べ過ぎてちょっと太り気味だけどこういうのも原因だよね…。

ぴぃすけ
しょう君はちょっとメタボ予備軍だしね!
しょう
うっ…(泣

生活習慣の病気ってなんだか怖いよね。

だって毎日の生活が病気を引き起こしているってことだもんね…。

ちなみにこの生活習慣病の中でも代表的な病気が3つあるんだ。

●代表的な3つの生活習慣病

・脂質異常症
・高血圧
・糖尿病

でっ、実はあともう1つ!

病気とはちょっと違うから上には入れなかったんだけど、『肥満』だね。

これはメタボリックシンドロームとして説明をしていくよ。

ちなみにこのシンドロームっていうのは病気じゃなくて症候群って意味になるんだ。

だから代表的な病気は3つって話をさせてもらったよ。

なんとなくどんな病気かわかると思うけど、しっかり1つずつ説明していくね。

脂質異常症とは

脂質異常症っていうのは脂質つまりコレステロールの値が異常ってことだね。

これは昔は高脂血症って名前で呼ばれていたんだけど今ではその呼び名は使わないんだ。

ぴぃすけ
どうしてだと思う?
お姉さん
うーん…ちょっとわかんない。

コレステロールって低ければ正常と思っている人が多いんだけど、実は低ければいいというものではないんだ。

『高過ぎても、低過ぎてもいけない』

だから高脂血症だと高い値だけになってしまうよね。

そうじゃなくてコレステロールが高い値も低い値も異常だから、それを合わせて脂質異常症って呼ぶようになったんだよ。

高血圧

じゃあ次は高血圧の話をしていくね。

高血圧はみんなわかるよね。

血圧が高いことだね。

でもどうして血圧が高いと体にとって悪いか知ってる?

血液って体にとって必要なものだから、それをたくさん体に送ることができるんだからいいんじゃないの?

とは思わないだろうけど、わからない人も多いと思うんだ。

高血圧がどうして悪いかというと…

『血圧が高いことによって血管に負担がかかってしまうから』

血管って体のあらゆるところにあるよね。

だからその結果として脳や心臓、他にも腎臓に負担がかかって合併症を起こしやすくなってしまうんだ。

高血圧が直接の原因となって、危険というよりも、高血圧が引き金となるということだね。

しかもこの高血圧って、何が怖いかというと自分ではあまり危険だと思えないことなんだ。

人間には『痛み』っていう危険を知らせるサインがあるからもし何か体に異常があった時には、その痛みで教えてくれるよね。

でも高血圧は痛みがないから、ちょっと高くてもほっといちゃう人が多いんだ。

だけどやっぱりお酒とかタバコとかその他の生活習慣を変えないと改善することってないよね。

そうなるとどんどん悪化してしまうというわけ。

ぴぃすけ
そういえばりんちゃんのお父さんって高血圧だったって言ってたよね。
りん
そうなの。実は収縮期血圧が200近くあったんだ。
ぴぃすけ
えっ…。
りん
でも病院嫌いだから、血圧高いのは知っていたんだけどほっといたんだって。
ぴぃすけ
それでどうなったの?
りん
脳梗塞になって救急車で一度運ばれちゃった。

高血圧の詳しい話は

りんちゃんのお父さんの場合は梗塞部位が良かったらしくて、予後は良好だったんだけど、本当に怖いよね…。

ただ今はむしろ健康志向になっているみたい。

病気にならないようにまず自分の状態をしっかり確認して予防という部分から始めたいね。


スポンサードリンク

糖尿病

糖っていうのは基本的には摂取すると分解されて体でエネルギーとして使用されるよ。

だから人間にとって本当に重要なものなんだ。

なんだけど今の日本って美味しいものが溢れかえっているよね。

ラーメン、牛丼、お菓子、いっぱい美味しいものがあるよね。

こういうものって美味しいけど、やっぱり栄養過多になってしまうよね。

こうやって必要以上の糖を摂ってしまうと体の中で糖が増えてしまって自分の体の分解の力を超えてしまうんだ。

分解できなかった糖は血液中に出てくる。

そうなると血液中に糖が多くなるね。

この状態を糖尿病っていうんだ。

『糖』と『尿』って書くから尿中に糖が出てくる病気みたいだけど、尿に出てくる原因として血液中に糖が増えるからなんだ。

許容できる範囲を超えるから、排出するしかないってことだね。

だから基本的に血液中の糖の値を確認して、糖尿病かどうかを診断するんだ。

この糖尿病なんだけど、何が怖いかというと・・・

糖尿病から起こる病気ってすごく怖いものばかりなんだ。

例えば…

・腎臓に障害があれば最悪人工透析になってしまう

・足の血管の動脈硬化がひどくなってしまえば足を切断しなければいけなくなってしまう

・目に障害が出てしまえば失明になってしまうこともある

かなりひどい例ばかりだったけど、実際に起こっていることなんだ。

糖尿病の詳しい話は

肥満(メタボリックシンドローム)

最後にメタボリックシンドロームについて話をしていくね。

メタボリックシンドロームっていうのは肥満の人が全員このメタボになっているわけじゃないんだ。

肥満の人の中でも上にあるような高血圧とか脂質異常症とかを合併している人のことをメタボリックシンドロームって言うよ。

『肥満と病気でメタボ』

ぴぃすけ
しょう君はメタボ大丈夫?
しょう
えっと…まだ…。
ぴぃすけ
まだ若いから血圧とかコレステロールとかの値は問題ないからだよね。
しょう
うん。(ぴぃすけ僕に厳しい)
ぴぃすけ
健康的に過ごすためには生活習慣をしっかり見直すことが重要だよ。
しょう
ごもっともです。

実はしょう君ってちょっとぽっちゃり。

仕事が忙しかったりして、生活習慣が偏っているんだ。

今はまだ大丈夫だけど、正直僕も心配なんだ。

しょう君はメタボのことちゃんとわかっているんだから、しっかりして欲しいよね。

肥満というのはやっぱりそれだけ合併症を引き起こしやすいんだ。

だから病気がないからと言って油断せずに、生活習慣を見直してみてね!

メタボリックシンドロームの詳しい話は

まとめ

今日は生活習慣病がどんな病気かの話をしたよ。

生活習慣で起こる病気が、この生活習慣病というものだけど実はかなり怖い病気だということがわかったと思うんだ。

でもそれだけでは自分の体に痛みもないしなにか不都合があるということもないよね。

だからほっておいてしまう人も多いんだ。

でもそれってすごく危険。

生活習慣病は
リスクファクター(危険因子)
と言って大きな病気になる可能性を上げてしまうものなんだよ。

心臓や脳や腎臓、血管など本当に人間にとって大切な臓器に異常を出してしまう。

でも生活習慣病って原因が生活習慣だから、ちゃんと自分でその病気を知って気持ちでどうにかできることも多いよね。

この話を聞いている人は健康にとても気を使っている人だと思うから心配ないよね。

もし近くに生活習慣が乱れているような人がいたら生活習慣病の怖さを教えてあげてね。


スポンサードリンク

脂質異常症について

高血圧について

糖尿病について

メタボについて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介

はじめまして、管理人のりんしょうです!
臨床検査技師として働いている僕たちが、
わかりやすくをモットーにサイト作っています。

少しでも手助けになれば嬉しいです^^

しょう(31歳)ちょっとメタボ。

りん(30歳)しっかり者の奥さん。

もう少し詳しい自己紹介はこちら
◆『りん』と『しょう』の紹介

ピックアップ記事

  1. 血液検査の基準値のまとめ!健康診断の結果と見比べてみてね!

    こんにちは( ^˂̵˃̶^) [speech_bubble type="std" subtyp…
  2. 貧血の検査結果の見方や方法について!食事やサプリで改善できる?

    貧血って何か知ってる? ふらふらーってなるあれね。 つらいよね。 僕も貧血気味で運…
  3. 【まとめ】病院の検査一覧

    病院の検査ってたくさんあるんだけど、 どのくらいの検査の種類があるんだろう。 そんな疑問を持…

登場人(鳥)物紹介

ぴぃすけ

病院で臨床検査技師として働いている。
おしゃべりが好きで検査中に
よく患者さんとお話をしている。

お姉さん(年齢内緒)

ぴぃすけとなぜか仲良くなった
悩みを聞いたり聞かせてくれる、
年齢が内緒のお姉さん。
若いのかそれとも・・・。

ページ上部へ戻る