脳梗塞になったお父さんが健康志向になった話

りん
こんにちは、りんです。

今回はぴぃすけに変わって、
私が話をさせてもらいます!

私のお父さんのことについて
話をしようと思います。

私のお父さんってもうそろそろ
70歳になるんですね。

今ではかなり健康志向で、
かなり気をつけているんですが、

実は3年前までは
健康とは無縁の生活でした。

お父さんは仕事は続けていたんですが、
お酒が大好きで毎日晩酌をしていたんです。

これ私が子供の時からです。

だいたいビールを
大きい缶で2〜3本くらい。

これ正直ずっと心配で、
大丈夫かなって思っていたんです。

ある時その心配が
現実になってしまったんです。

ある日お父さんが倒れた

つい数ヶ月前にしょう君と
入籍をして新居に引っ越してきた
ある日のことです。

夜の10時くらいに急にお母さんから
電話がかかってきました。

「りん!お父さんが倒れたの!」
お母さんが電話でそんなことを
私に伝えてきました。

お母さんはすごいパニックになってしまっています。

私の頭の中もすごく混乱しています。

「救急車は呼んだ!?」
そうお母さんに伝えると
今呼んでいて10分くらいで
来てくれるということでした。

実は新居というのが
私の実家のすぐ近くにあるので、
私はすぐに実家に帰りました。

5分後くらいに私がついたので、
ちょうど救急車がついたのと同じ頃でした。

お父さんはというと・・・

意識は戻っていたのですが、
呂律が回っていなかったんです。

今でもその時の光景が
目に焼き付いていて思い出します。

本当に本当に怖かったです。

実はこの時半年後に
しょう君との結婚式を控えていた時でした。

「お父さんが出席できないなんて・・」

そんなことを考えてしまいました。

診断は脳梗塞

私も病院で働いているので、
お父さんの症状を見て何の疾患なのかは
すぐにわかりました。

一緒に救急車に乗って病院へ行き
すぐに救急でCTとMRIを撮影しました。

その他にも血液検査もやっていました。

診断は案の定『脳梗塞』です。

確かにお父さんはお酒が好きなのですが、
すごく痩せていて今まで血液検査の
結果なんか見ていなかったんですね。

実はお父さんは病院が大嫌いで
私に血液データを見せるのを
嫌がっていたということでした。

私はお父さんのカルテを見て
本当にびっくりしました。

コレステロール、ASTやALTなど
肝臓に関係する項目が
軒並み赤く書かれていました。

その中でも私が本当にびっくりしたのが、
血圧202/130という数値です。

私は病院でいろいろな患者さんの
検査をしているのですが、
その血圧は本当に異常です。

正直今まで数人くらいしか
見たことないような数値です。

 

お父さん
どうしてこんなになるまで
ほっといたの・・・

 

実はこの日いた当直の先生が
脳外科の先生だったんですよね。

こういう悪運だけはうちの
お父さん強いんですよね。

その先生がCTの画像を見て言うには
ちょっと梗塞部位が
危ないということでした。

お父さんはそのまま入院ということになり、

お父さんにまた明日来ることを伝え
私は家に帰りました。

家では明日仕事なのにしょう君が
起きて待っていてくれました。

「しょう君、、お父さん脳梗塞なんだって…」

こうしょう君に伝えた瞬間
私は今まで我慢していた涙を
抑えきれずに泣いてしまいました。

「結婚式出れないかもしれないよ!
ウェディングドレス見せられないよ!」

私はお父さんが40歳の時の子なので、
とてもお父さんに
迷惑をかけてしまっていました。

そんなお父さんに
「ウェディングドレス見せてあげようね」
ってしょう君が言ってくれていたんです。

でもそれができないと想像して
私は泣くことを
止めることができませんでした。

しょう君は泣いている私の横に
ずっと一緒にいてくれました。

その夜は一睡もできずに朝があけました。

そして私は仕事を休んで
お父さんのところに行きました。

そこにいたのは普通に言葉を話している
お父さんの姿でした。

「りん、おはよう」

昨日呂律が回っていなかったのが
嘘のように普通に話しているんです。

隣にいたお母さんと
目を合わせてしましました。

そんな時病室のドアが開いて
看護師さんから先生が話があるから、
ちょっと来てもらっていいですかと
別室に案内されました。

そこには昨日話をしてくれた
脳外科の先生がいました。

・おそらく今の状態なら
大丈夫だろうということ

・梗塞部位がちょっとずれていたら
かなり大変状況だったということ

・少ししたらリハビリをして
1週間もあれば退院できるということ

そんな話をしてくれました。

この話を聞いた時に
ふっと肩の荷がおりました。

先生の話通りお父さんは
だいたい1週間くらいで
退院することができました。

後遺症もなくすぐではないですが、
仕事にも復帰することができました。

本当に・・・本当によかった。

結婚式でサプライズ

そんなこんなでお父さんが
退院してから約半年が経ちました。

お父さんはまだちょっと血圧が高めですが、
かなり状態は落ち着いており、
普通に仕事ができるようになりました。

そしてこの日が来ました。

結婚式です!

一時はもう無理かと思いましたが、
お父さんも出席することができて、
本当に幸せな結婚式になりました。

実はそこでお父さんに
ちょっとしたサプライズを
用意していたんです。

病院で薬はもらっていたのですが、
やっぱり肝臓関係は心配です。

なのでそんなお父さんのために
肝臓にいいサプリを調べて
買っておきました。

それを最後の両親への手紙のシーンの後
お父さんへ渡したんです。

「お父さんいつまでも元気でいてね」

今までお父さんの泣いた姿は
一回も見たことがなかったのですが、
そこでお父さんの涙を初めて見ました。

お父さん自身もあの時、
娘の晴れ姿が見られないと
思っていたみたいです。

その時のことを思い出したら
どうしても涙が止められなかったそうです。

それからお父さん

それからお父さんがどうなったかというと…

実はお父さんはむしろ
健康志向になって自分からこんなことを
聞いてくるようになったんですよ。

「このサプリにしようと
思うんだけどどうだ?」

こんなことを私に聞いてきたんですよね。

だからちゃんと成分見て、
肝臓の働きをしっかり助けてくれるものが
あるからこれいいよって教えてあげました。

そうしたらすごく元気なんですよね!

「しょう君の健康も
ちゃんと気を使ってあげろよ」

なんて私にもそのサプリをくれました(笑

結構いい感じなので、
実はしょう君と飲んでます^^

お父さんも毎日飲んでいて、
血液データなんかも今は私も見ていますが、
ほぼ正常値になってます。

血圧計も実は買っていて、
だいたい130/75くらいになっています。

飲んでいるとすごく調子が良くて、
毎日元気に過ごせるみたいです!

ちなみに大好きなお酒は
今はちょっとだけだそうです。

お父さん本当によかったね。

あの時梗塞部位が
本当にあそこでよかったです。

お酒が大好きでいつも飲んでいる姿を見て
ずっと私は心配でした。

でも今回の病気があって、
健康に気を使って前よりも
元気になってくれているので
むしろよかったなって思っています。

でももしあの時梗塞部位が
大変な位置だったらと考えると
本当に恐怖しかありません。

病気になってからでは遅い。
今回はそれに気づくことができました。

お父さんにもお母さんにも
ずっと健康でいてほしい。

しょう君にもずっと健康でいてほしい。

そのためには病気にならないというのが
本当に大切なんだなと思います。

自分の命がなくなって悲しむのは
自分じゃなくて周りの人なんですよね。

その人達を悲しませないために
健康という部分を考えて生活しなければ
いけないなと私は思いました。

 

ちなみにお父さんから聞かれて
成分を確認したサプリはこれです。




国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」サプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人紹介

はじめまして、管理人のりんしょうです!
臨床検査技師として働いている僕たちが、
わかりやすくをモットーにサイト作っています。

少しでも手助けになれば嬉しいです^^

しょう(31歳)ちょっとメタボ。

りん(30歳)しっかり者の奥さん。

もう少し詳しい自己紹介はこちら
◆『りん』と『しょう』の紹介

ピックアップ記事

  1. 血液検査の基準値のまとめ!健康診断の結果と見比べてみてね!

    こんにちは( ^˂̵˃̶^) [speech_bubble type="std" subtyp…
  2. 貧血の検査結果の見方や方法について!食事やサプリで改善できる?

    貧血って何か知ってる? ふらふらーってなるあれね。 つらいよね。 僕も貧血気味で運…
  3. 【まとめ】病院の検査一覧

    病院の検査ってたくさんあるんだけど、 どのくらいの検査の種類があるんだろう。 そんな疑問を持…

登場人(鳥)物紹介

ぴぃすけ

病院で臨床検査技師として働いている。
おしゃべりが好きで検査中に
よく患者さんとお話をしている。

お姉さん(年齢内緒)

ぴぃすけとなぜか仲良くなった
悩みを聞いたり聞かせてくれる、
年齢が内緒のお姉さん。
若いのかそれとも・・・。

ページ上部へ戻る